カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
大人ニキビ、ニキビ跡、ニキビケアの基本セット 




お問合せ 定期便の変更に関してお問合せ

石けん(百香草・ビーンズソープ)を長持ちさせたい

『固形石けん(百香草・ビーンズソープ)を浴室内に置いていたら減りが早い!』

『すぐふやけてドロドロになってしまうんです。』

といったお声をたまに聞きます。

お風呂場や洗面所など水周りに置くことが多い石けんは
水気を含むと、どうしても柔らかくなってしまいます。

特にご家族でお住まいの方は
お湯をはっている時間が長い分、浴室内でふやけやすくなります。

そこで、お薦めの保管方法をご紹介。

【1】石けん(百香草・ビーンズソープ)をスポンジの上に乗せる

一番重要なことは、通気性をよくし、石けんの表面をすぐ乾かせるということ。
スポンジを選ぶポイントはキメの粗いスポンジが水掃けが良いのでGOOD!
使用した石けんをスポンジの上に乗せるだけで
いらない水分は下へ落ち乾きも早いのでふやけることも軽減されます。


【2】石けん(百香草・ビーンズソープ)を使用後、冷水をサッとかける。

お湯で石鹸の表面がやわらかくなっているので
冷水に潜らせキュっと締めてふにゃふにゃになるのをストップ!!

一度冷たいお水で引き締めるのと石鹸をそのままにしておくのでは
固形石鹸の減りが全く違います。


【3】使い終わったら石けんを浴室から出す

一番悪い環境が湿気の多い場所へ長時間置いておくことが
ふやけてドロドロになったり、すぐ減ってしまったりする原因になるので
上記のような保管方法をお薦めします。

このようにちょっとしたことで
石鹸を長持ちさせることが出来れば
少しでも長く使えて経済的!
是非一度お試し下さいね!

ページトップへ